Gaudi of the Axarquia

エル・バルデス、モクリネホにあるユニークな博物館

博物館「カサ・ムセオ・アクサルキア」
-アクサルキアのガウディ

アントニオ・モンタニェス(アクサルキアのグァディ)は、コンクリート工事なしに記録的な速さで、1つとして同じ窓がなく、ガウディスタイルのカラフルな塔のあるモダニズム様式の家を、わずか1年で建設しました。約300坪の家は4階建てで地下室もあります。

このユニークな建物では、風見鶏の役割を果たす鍬など、あらゆる種類の農具を展示しながら、マラガのアクサルキアの農業、人気、祭りの過去に触れることができます。
屋根の上には二十四の水と小さなピラミッドがあり、そこにはモザイクが施されていて、ブドウの木がブドウと一緒に現れています。手すりにはカメレオンの彫刻があり、扉にはこの地方の花や果物のレリーフが彫られています。
ワイナリーへと続く手すりの鉄の細工は、ラ・アクサルキアで生産され、ラベル付けされたワインを1本ずつ入れるために特別にデザインされています。
それ以外の部分では、手すりの鍛造は、レーズンの小さな木箱を収納するためのもので、中には100年以上前のものもあります。

地下にはテーブルと椅子を備えたバーとワインセラーがあり、アクサルコ・コインや盗賊のブラダーバスのような様々な装飾が施されています。

{moclinejo} {picture}
{moclinejo} {picture}
zurück ブッキング