歴史

アラブ統治以前の時代は、残念ながら文書化されていない。ですから、その時点ですでに和解が成立していたかどうかはわかりません。そのため、モクリネジョはアラブの財団であることが前提となっています。名前と場所がそれを示しています。モクリンジョの意味ははっきりしていませんが、モクリンから来ている可能性があります。グラナダ県の人たちが村を作ったのかもしれません。15世紀と16世紀の年代記には、モクリネトゥム、モヒネテ、モディネテ、モリネテ、モリニージョとして記載されています。
アンテケラの司令官ドン・ペドロ・エンリケス将軍のキリスト教軍は、1482年にここでイスラム教徒との戦いで血なまぐさい敗北を喫しました。イスラム教徒は城に避難し、彼らの財産が炎上するのを見た。彼らは隠れていた場所から出てきて、丸太や石をキリスト教軍に投げつけた。アルフォンソ・デ・アギラールの軍隊は非常に負傷したので、今日でもモクリネホ地区には「ホヤ・デ・ロス・ムエルトス(死の罠)」と呼ばれる渓谷が残っています。あとは他の地域で起きたことと似ています。キリスト教徒が勝ち、イスラム教徒は追い出された。経済の衰退が始まった。
一昨年の世紀には、フィロキセラの出現によって経済(「再」)の回復が中断された。この地域は徐々に回復し、ブドウの栽培とレーズンの生産がモクリネジョの主な収入源となっています。

城 城の始まりは「イグレシア広場」にあり、小さな家々の集まりの周りを走っていました。この境界線の中で、1499年に34家族がモクリネジョに住んでいて、1942年には30家族がいました。 教会に接する城壁は、西から東へと続いています。北部では、村の名前(Calle Castillo - Castle Street)が保存されており、部分的にこの地域のコースを示しており、また、等高線や村を囲む道路と一致しています。そこからはまた、中世の墓地があった場所にある現在の墓地を見ることができます - ベナガルボン川沿いの村の下部にある。当時の住民から「城」と呼ばれていた城壁は、周囲の長さが約380メートルで、約9,025平方メートルの都市部を覆っており、約53軒の家と約212人の住民に対応していました。

ミュージアムへ