Moclinejo

{moclinejo} {picture}

モクリネホは20キロに位置しています。から , "セロス-デ-コルドバ "と "ピエドラ-ブランカ "の美しい丘の上に450メートルの標高での間との川の谷に開きます . オリーブの木やアーモンドの木、ブドウ畑に囲まれています。アンダルシアの典型的な村の一つです。観光はここではまだ外国語ですが、海岸からわずか10分の距離にあるにもかかわらず、そのアンダルシアの魅力を維持しています。ここからは、馬に乗っても、歩いても、自転車に乗っても、車やバギーに乗っても、内陸部への素晴らしい山旅ができます。ここから素晴らしい景色の美しい道を通ってモクリネジョに到着することができます。ビーチまではわずか8kmです。
モクリネホの周辺は、モンテス・デ・マラガ全体のような急斜面と多数の渓谷が特徴です。土地は乾燥していて、起伏があり、非常に傾斜のある土地です。パノラマの景色は息をのむような美しさです。
名前の由来は、アラビア語で「地域の地名」を意味する「モクリン」から来ているのではないでしょうか。
モクリネジョは、" ("La Ruta de la Pasa")に位置し、"レーズンルートへの入り口 "と呼ばれることもあります。レーズン、ワイン、ブドウが主な生産物です。
代表的なものは、"gazpachuelo"(マヨネーズ入りスープ)と "sopa de maimones "として知られているニンニクのスープです。

モクリネジョは海抜451メートル。その建物は、まっすぐな道を形成することができたよりも多くの建物が建てられているような印象を与えます。このように、彼らはやや散らばっているように見えるので、道は急で短い。役場のある長方形のメイン広場は広々としていて、近代化されています。 モクリネホの歴史は、マラガやその周辺の村々と同じような激動を経験してきました。旧市街の城壁、名前だけが知られているいわゆる城では、カトリックの君主がマラガを征服しようとしたときに、アクサルキアでムーア人の敗北をもたらした戦いの叫びがありました。

レーズンぶどうの栽培は、2017年11月に国連食糧農業機関(FAO)の科学委員会で世界農業遺産に認定されました。

マラガの文化都市やビーチに近いユニークなロケーションのため、まだ静かで田舎のため、小さな観光インフラは、近年開発されています。今日では、高級別荘や別荘をレンタルしたり、バギーツアーに参加したり、歴史あるボデガで地元のワインを楽しんだりすることができます。

{moclinejo} {picture}
Moclinejo村の写真集
Moclinejo村近郊の写真集
歴史へ